×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ブラック会社を辞めたい人、退職願を提出したい人、退職した後何をしたらいいのか分からない人全ての"疑問"に答える退職情報ポータルサイト。
ブラック会社辞めるぞ計画!
▽MENU▽
■ブラック会社の見抜き方
入社までに見抜く
入社直後に見抜く
手遅れになる前に
ブラック社員の典型例
ブラック管理職の典型例
社内工作員の典型例
ブラック会社チェックリスト
ブラック会社三種の悪器
■退職願を出す前に
無事に退職できるか?
提出前にやるべきこと
退職後のことを考える
退職に都合のいい時期
退職しようか迷ったら
退職後の健康保険と年金
退職願の書き方
退職の挨拶状の書き方
退職勧奨されたら?
■最終出社日まで
退職までにやるべきこと
慰留する上司同僚の本音
会社側と必要なやりとり
退職時の誓約書について
最終出社日にすべきこと
■晴れて?無職になったら
役所・ハローワークの手続
失業保険給付額の目安
無職だからこそ出来ること
無駄な支出を抑えよう
オススメスキルアップ計画
敢えて挑むか挑戦の道
失業者の確定申告
■その他退職関連情報
退職関連用語集
ホーム > 晴れて?無職になったら > 無職だからこそできること
無職だからこそできること
無事退職を果たしたら、今度はあなた自身のことを考えましょう。
無職の間に何をするか。仕事が決まってる人は次の会社のことで頭がいっぱいでしょう。
決まっていない人は...まあ悩んでも仕方ありません。
この際ですから無職の間にしかできないことをやってみましょう。

「無職になったら、是非充電!」
 
だらだらしてみる 勤めていたら許されない
僕が初めて無職になったとき、どうしてもやってみたかったことがコレ(笑)
会社でさんざんこき使われてましたからその反動でしょうね、きっと。

朝、自然に目が覚めるまで寝るんです。二度寝なんて謙虚なことせずに三度寝、四度寝してました。

何度か布団の中で寝たりおきたりしてると、そのうち寝てられなくなります。
人間って面白いもので、もう眠らなくていいよって身体が判断すると自然に寝床から出る。不思議ですね。

着替えて外へ出てのんびりと景色を眺めつつ歩く。
今まで毎日通っていたのに気づかなかった細い道や看板とかをみつける度にちょっと感動したりして。

毎朝、通り過ぎてた駅前の喫茶店で朝食取って、
何年もこの街住んでいながら初めて行く公園の芝生で文庫本片手にごろごろ。
外回りの営業さんなんかをと遠目に見ながら、あたりを見ればすっかり。(ちょうど春だったんです。)

そのまま買い物へ行ったり、映画観に行ったり、生活サイクルの合わなかった知人連中と会ってみたり。

こんな生活してていいのかなって思うくらいのんびりしました。
さすがに1ヶ月もそんなことしてると飽きて、勉強したり、仕事を探し始めたりしましたけど(笑)

考えてもみてください。学生のころ以降、ひと月まるごと休んだことってありませんよね?

無職になったらまず、自分がお腹いっぱいになるまでだらけてみてください。

そうすれば会社での嫌な思い出などきっと忘れますよ。
 
旅行に行く 軍資金が許す方はぜひ!
もし「軍資金」が許せば、ぜひ旅行へ行きましょう。
駅前やショッピングセンターの中にある旅行代理店をちょっと覗いてみると、
海外旅行、国内旅行、温泉...いっぱいありますね。
いろいろなタイプのパンフレットがあると思うんですけど、
出発日で料金が変わるのはご存知ですか?
せっかく時間が自由になるのですから、これを利用しないテはありません。

また、宿だけとってぶらぶらするのも面白いです。
割引切符やレンタカーをうまく使って、パックツアーでは味わえないのんびりとした気分を満喫しましょう。

◆TOPに戻る / ●次の記事へ

Copyright (C) 2011- ブラック会社辞めるぞ計画! All rights reserved.